私がブログを始めた理由

私がブログ始めた理由 未分類

ブログを始めた理由ってありますか?今回はブログを始めた理由、オススメする理由などを紹介します。

流行り病の中でこそブログを書く薦め

私は千葉県某所和室の広縁にいる。奥行きが 2 メートルにも満たない狭い部屋の中で燻っている。しかし私は人と繋がっている。インターネット社会と言われるこの時代にふさわしい方法で。

世間を騒がせている流行り病の影響は大きく、大して世間との関わり合いなどないと考えていた私の生活も大きく変えた。

大学の講義がオンライン化したために下宿を引き払い実家に戻った。すると外に出る用もないから、私が書斎に決めた和室広縁はもはや私の住処になった。

私は大体、午前中の中途半端な時間に起床する。朝起きると冷房で喉が乾いているから、 氷を山盛りに入れたアイスコーヒーを飲んで私の一日は始まる。

朝食はとらない。ツイッターを見たり、動画を観たり、本を読んだり、妄想に耽ったりしているとすぐに昼になる。 昼が過ぎると細々と研究を始める。

大学院生らしからぬ簡単な統計解析(行列計算)しか行わないが、待ち時間は長いからその間はまた先ほどみたいなことをして時間を過ごす。

夕方に必ず 1 時間半ほど運動をして19 時に夕食をとる。空が暗くなったら研究はしないから、また午前中と同じ様な時間を過ごして26 時くらいに寝る。

こんな生活を送っていたら「果たして私は社会の一員なのか」と疑われてくるのが普通である。どんなに無為な時間を過ごしていても、アルバイトや通学をしていれば自分が認識されていること位は確認できるものである。

だが、私はいま、みなさまが思いもつかない方法で人と繋がっていることを実感する。ブログである。

私は顔も出さないし名前も明かさない。経歴を詳細に語ることもない。しかし皆様は私のことをよく分かっているに違いない。

なぜなら、私だって他の方のブログを見るとその方のことがよく分かるから。 ホームページを作ればそこには実によく性格が現れる。

文章を読めばもうほとんど分かったのではないかと思えてくる。それだけではない。例えば、商品レビューを読んだりしていると、「あぁ、そんなことを考えたのか」なんて思ったりもする。自分が持っているものを紹介されているとより面白い。

私のブログを読んでいる方もそんなことを思うのだろうと考えたりする。 こんなことを思うのは私だけではないだろう。

読者は文章など読まないから流し読みで理解できるくらいがちょうど良い」なんて正論をよく目にするが、収益にはならない記事を書いている人は結構いる。

また、ブログを見ていると最後に感謝の言葉を申し添えてあることがよくある。書いた本人はその言葉を読んでいる人のことを考えてニヤついているに違いない。

インターネット社会に感染症が重なって、今やソーシャルディスタンス以上に人々の心の距離が広がっている様に思える。

一人寂しく私の様に燻っている方があるのなら、文章を通して人と繋がってみるのはいかがであろうか。

ここまで読んで何か曖昧な気分になった方は、こんなふうに考えてみては頂けないだろうか。ご存知の通り、現在私が使っているのは現代仮名遣いである。

多くの日本人は、古代語は愚か歴史的仮名遣いも使えないだろう。しかし、それで困ったことがある人などいない。では中学高校で古文を勉強したのはなぜか。

それは、その言葉を使っていた人々と同じ言葉を使える様になった時、彼らと繋がることができるからである。

例えば、古代語を勉強し千年前の日本人が歌に詠んだ風景を目の前にした時、我々は彼らと心を通わせているのである。そこには双方向のやりとりなど当然無い。

「繋がるとはかういふことではないでせうか」

うん!うん!

う、うん!うん!研究頑張ろう!

しかし、コロナの渦中でブログを始めた人が多いのは事実でしょう。

こういったリアルな話を聞くのも面白いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました