【SEOを意識する】ブログ記事の見出し書き方と構造設計

【SEOを意識する】ブログ記事の見出し書き方と構造 未分類

見出しはSEOで非常に重要です。何も考えずに見出しを書くと読者にわかりにくい記事なり、Googleからの評価が落ちてしまいます。

こんなことがわかります
  • SEOに強い見出しを書ける
  • 書き方のポイントがわかる
  • 見出しの構造がわかる

見出しを使い分ける

見出しには「h1, h2, h3」などの種類があります。ワードプレスでの見え方は「見出し1, 見出し2, 見出し3」となっています。

「見出し3(h3)」以降の「見出し4(h4)」などは、一般的なブログであまり使わないので無視しましょう。

わかりやすく表にしました。

見出し1(h1) ブログ記事のタイトル
見出し2(h2) 大見出し
見出し3(h3) 大見出しの補足情報

この見出しの構造を記事執筆の前に考えるようにしましょう。

勢いで書き始めるとメチャクチャな構造になるよ

見出しの書き方の例

ブログ記事の見出しの書き方と構造

この構造を頭に入れて見出しを考えると読者も見やすい記事になります。

また見出しはそのまま目次になります。この例だと「オススメのブログーのテーマ」で検索して訪れてくれた人は目次だけで記事がわかります。

目次がわかりやすいだけで離脱率は違うよ

見出しの書き方のポイント

  1. 見出しでブログの内容がわかる
  2. 見出しを考えてから記事を書く
  3. 見出しにキーワードを入れる
  4. キーワードは左側に寄せて書く

見出しは左側に寄せて書くの?

おそらく1~3のことは知っていると思います。

しかし、4のキーワードは左側に寄せて書くことを知らない人は多いでしょう。なぜ左側に寄せて書くかと言うと読者は記事の左側を見ているからです。

左から読んで行くのが日本で一般的です。なので読者の目線も自然に左側によります。見出しを作る時はキーワードをできるだけ左に持ってこれるように書くと良いでしょう。

見出しの構造設計は重要

Googleのクローラーがわかりやすい記事は上位検索に上がりやすいです。

なぜならば、読みやすい記事は読者に有益であると判断されるからです。

実際に目次がわかりやすい読みやすよね!

知らなかった人は見出しの書き方と構造を再度考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました