【画像で解説】アフィリエイトとアドセンスの違いとは何?

【意外と知らない】アフィリエイトとアドセンスの違いとは何? 収益

アフィリエイトとアドセンスを同じように考えている人もいるでしょう。

アフィリエイトとアドセンスでは収益モデルも違います。正しく理解して自分に合った収益モデルを選びましょう。

こんなことがわかります
  • アフィリエイトの収益モデル
  • アドセンスの収益モデル
  • どちらが自分に合っているのか

違いを知らない人も多い

アフィリエイトはアドセンスは収益の出る仕組みが違います。

自分に合った収益モデルを選びましょう。

アフィリエイト 物サービスを売ることで収益を出す
アドセンス 広告を表示させて収益を出す

次にそれぞれ詳しく解説していきます。

アフィエイトの収益モデルは?

アフィリエイトとは?仕組み

アフィエイトとは企業や個人が売りたいと思う「物サービス」をブログなどを通じてその商品を売ることにより、販売価格の数パーセント得ることができます。

その「物サービス」の販売が終了してしまったら、収益を一切得ることができなくなります。利益率が高い一方でリスクもあると言えます。

成果型報酬と言います

アドセンスの収益モデルは?

アドセンスとは?仕組み

アドセンスとは「物サービス」を売ることで収益を得るのではなく、広告を見てもらうことにより収益を得ることができます。

購入をされなくても収益を得ることができるのが特徴です。

単価は低くアフィリエイトほど稼げないと言われています。

そして、ページビューがないと収益はゼロ円と言うこともあります。

「物サービス」を売るわけではないので、リスクは低いと言えます。

アドセンスは広告料を貰うイメージ

アドセンスについて知りたい人はこちらを参考にしてください。

ブログによりどちらで収益を得るかは違う

アフィリエイトとアドセンスの違いを紹介しました。どちらもメリットデメリットがあります。

売ることに特化できるブログを作れるならアフィリエイト収益をメインにしましょう。こちらの方が稼げるでしょう。

記事をたくさん書いて多くの人に見てもらうブログを作るならアドセンス収益をメインにしましょう。

アドセンスを収益メインならば楽しく続けられるけど、収益化には時間がかかります。

ブログにより収益モデルは違うので自分にあった方法を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました